死別の悲しみ

グリーフケア

☆『月夜の森の梟』・・・死別の悲しみの底

コロナ、コロナの大騒ぎがスタートした年、2020年6月、あるエッセーが新聞でスタートしました。 好きな作家のひとり、小池真理子さんが綴る「月夜の森の梟」 夫であり、作家であった藤田宜永さんとの死別の悲しみを綴った作品でした。 私も、毎週、掲...
タイトルとURLをコピーしました